ポジションを持ったら必ずストップロス注文を出すこと

FXの世界において、勝率100%なんて到底達成できないものです。相場は上昇するも下落するも、確率論では五分五分なので、プロのディーラーでも負けることはあります。ただ、プロは、負けても、トータルで勝つことができます。その秘訣が、すべてのポジションに対して、明確な損切りポイントを設定し、それを着実に実行していくことにあると思います。

 

自分の描いた将来の値動きのシナリオが、思うように実現しなかった時に割り切るいさぎよさがとても大切です。

 

初心者のFXトレーダーに見られる失敗として、「コツコツ・ドカン」と言われるものがあります。利益をコツコツと積み上げてきたのに、一度の失敗でドカンと利益を吹き飛ばしてしまう、あるいは、損失を出してしまうという状態を表したものです。

 

この「コツコツ・ドカン」型の典型が、損切りポイントを設定していないこと、または設定していても損切をズルズルと後伸ばしにしてしまうことにあります。誰しも、自分のお金を1円たりとも失いたくないと思うものですが、1000円を損切りで失うのと、含み益を耐えて、耐えて、最終的に耐えきれなくなって数万円の損を出してしまうのと、どちらが特になるかを考えて見る必要があります。自分の損失許容度を明確にして、トータルで勝てるようにしたいです。