月一回やってくるFXのお祭り・アメリカ雇用統計

FXの取引を始めた人なら誰しもが知っていると思いますが、アメリカの雇用統計が近づいてきました。毎月第一金曜日の夜に、アメリカの労働省労働統計局によって発表されるいくつかの経済指標をまとめて、アメリカ雇用統計と読んでいます。

 

発表されるいくつかの指標のうち、特に注目されるのは「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。

 

「非農業部門雇用者数」というのは、文字の通り、農業部門を除いた業種で働く人々の数のことです。農業部門は季節によって労働者が大きく変化します。収穫や種まきの時期などに季節労働者が増えて、安定した雇用状況を把握し難いので、この農業部門を調査の対象から外すことで、アメリカの実質の経済の状況を示そうとした物です。

 

また、この非農業部門雇用者の中には、正社員もアルバイトも両方含まれています。つまりは、給料をもらっている人の数のことです。ですから、自営業者や、給料を支払う経営者はこの統計には含まれません。

 

「失業率」が上昇すれば、その分仕事のない人が増え、「非農業部門雇用者数」も減少して、アメリカ経済がうまく行っていないことが示されるというわけです。

 

超大国アメリカの経済は全世界の経済に強い影響を及ぼしますから、アメリカ雇用統計の発表は為替の世界では、月に一度のお祭り騒ぎになるというわけです。