価格が活発に動く時間を狙い撃ちする

FX市場は全世界をまたいでいますので、24時間稼働です。例え東京市場が3時ごろに動きを止めたとしても、その他の地域では活発に取引が行われているので、投資家はいつでも市場に参加することができます。

 

でも、いくら24時間取引ができるからと言って、24時間相場に張り付いていることはできません。FX以外の本業や、家事、また寝る時間も必要です。それに、FXを専業でやっていたとしても、値動きがあまりにも小さくてトレードができなければ、FX取引で時給が発生する訳ではありませんから、自分の元に一円も入ってきません。タダ働きをしておることになります。

 

それで、値動きが全体にこう着する時間帯を避けて、全世界のそれぞれの大きな市場の午前中に当たる時間に集中してトレードする事によって、無駄な時間を省くことができます。

 

統計的にみると、例えば、東京市場ですと、10前後の中値発表前後や、東京オプションカット前後。ヨーロッパ・ニューヨーク市場では、ロンドンフィックスや、ニューヨークオプションカットの時間帯や、各種経済指標発表の時間帯などの、値動きがそこそこある時間帯に狙い撃ちをかけたいものです。

 

ただし、欧米には日本にはないサマータイム制度で、時間のズレがありますので、その時期には十分お気をつけください。