FXの敗戦処理

FXの世界では、勝率100%達成は不可能です。先行きが分からないものに投資しているのが醍醐味である反面、負けてしまうことがあるのも事実です。
普通の人間ならば、トレードで負けてしまうと、「よし!すぐにとりかえしてやる!」と息巻いてしまいますが、逆にこの感情が更なる負けを招いてしまうことがあります。

 

負けた分を取り戻し、さらに利益を出すのは、成功すればうれしいものですが、その分、大きな精神的なプレッシャーの中での取引となってしまい、往々にして冷静さを失い、相場の全体の動きを見た取引をできなくしてしまいます。

 

例えば、上昇すると思って買いポジションを取ったのに、思惑が外れて下落し、しかたなく損切りをします。でもその負けを取り返そうと、今下がってきているから、さらに下がるに違いないと、今度は売りポジションを持ちます。でも、相場はまたもや思惑を外れて上昇し、元の水準に値を戻してしまい、損切りを余儀なくされる、ということは誰しもが経験することだと思います。俗にいう「往復ビンタ」です。

 

これを避けるためには、負けた後、すぐに相場に手を出さないことが大切です。負けた時点で、自分の思惑のどこかが間違っていたわけですから、同じ間違いをしないように、自分の予想のどこが間違っていたかを考え直すことが大切です。

 

焦って手を出さず、適切な敗戦処理をすることは、自分のFXスキルを伸ばし、明日の利益につながります。