冷静さを失わせるトレード

FXを触ったことのある人なら誰でも経験があると思いますが、ポジションを持つと冷静さを失って、熱くなってしまいます。お金というものの力でしょうか。損はしたくないという強迫観念と、利益は伸ばしたいというどん欲な部分の両方が、トレードをする時に人を熱くしてしまいます。

 

でも、熱くならないようなトレード手法というものは存在しないと思います。多かれ少なかれ、誰しも力が入ってしまいます。この熱い感情は、時に大きな損失の原因となってしまう場合があります。せっかく利益が出ていたのに、もう少し…と思っているうちに反落してしまったり、含み損が出て、損切りポイントに来たのに、また反発するに違いない…と損切りが遅れて損失が膨らむことがあります。

 

こうしたことを回避して、確実に利益を伸ばすには、ポジションを持つ前の計画が大切です。損切りポイントと、利益確定ポイントを設定して、ポジションを持ったら、決済注文を指値で出しておくことが大切です。この指値注文を出しておくというのが大切なのは、自分の感情が一番影響するのは、決済の時だからです。指値注文を出しておくと、後は自動で決済してくれますので、自分の感情に振り回されることなく、当初の計画通りにトレードができて、冷静なトレードにつながります。

 

「ポジションを持ったら損切り注文は必ず出す」というアドバイスは必ず実行したいものです。